Tradeshows Now! 展示会レポート

Tube 2010 & wire 2010

2010年4月12日~16日 管材技術/ワイヤー産業展 デュッセルドルフ ›› website & ›› website

ワイヤー産業と管材産業の先導的なメッセ。
wireTubeではワイヤー産業と管材産業の先導的なメッセなので、会場では環境技術とエネルギー効率のトレンド、プラスチック材料の幅広い範囲への応用、製造業と交通産業におけるロールフォーミング技術のゾーンの拡大、この3つの産業トレンドがそのまま反映さた。
Tubeでは、出展者の合計が1,134 社で、前回開催と比べ10.5%増加。面積では7%アップ(約44,000㎡)。Wireでは出展者数が5.7%増加(1,194 社)、出展使用面積では3.4%ダウン(51,000㎡)
wire出展参加国では、ドイツ、イタリア、オーストリア、スイス、スペイン、アメリカとベルギー等。Tubeでは、ドイツ、イタリア、中国、トルコ、インド、オランダ、オーストリア等。
wire とTube、両方メッセは、来場者の国際性が非常に高く、国外からの来場者が占める割合は来場者全体の約55%となっている。また、出展企業が開発サイクルをwireTube 会期に合わせ、デュッセルドルフで新製品を市場にデビューさせるケースも多く、この見本市の一つの長点となっている。
wireにおけるビジターターゲット業界はワイヤー産業、ケーブル産業、自動車産業、鉄鋼産業、非鉄金属産業、電気エンジニアリング産業、建設業、化学産業、商社、サービス、ロジスティックス業界、環境技術など。 Tubeは、パイプ産業、自動車産業、化学産業、鉄鋼産業、非鉄金属産業、電気エンジニアリング産業、建設業、商社、サービス、ロジスティックス業界、環境関連業界、オンショア&オフショア、 パイプライン建設、暖房・エアコン・空調・水工システムサプライヤー、計測・制御機器等。 両方メッセは、産業のバリューチェーンを完全にカバーする取り扱い幅の広いメッセ。

wire / Tube 2010 デュッセルドルフ
wire / Tube 2010 デュッセルドルフ
wire / Tube 2010 デュッセルドルフ
wire / Tube 2010 デュッセルドルフ
wire / Tube 2010 デュッセルドルフ
wire / Tube 2010 デュッセルドルフ
wire / Tube 2010 デュッセルドルフ
wire / Tube 2010 デュッセルドルフ
   
start
stop